しがないリュウ使いのチラ裏

スマブラやその他の趣味についてだらだらと綴ります

小野寺さんを熱く語る!

※この記事は大変強い主観の入った内容となっております。また、ネタバレを含みます。そして硬派なキャラであるリュウを使う者が書いたとは思えないような軟弱な文章です。心してご覧ください。

 

 

皆さんは「ニセコイ」という漫画作品を知っていますか。この記事は基本的にある程度知っている人向けに書きますが、知らない方のために軽く紹介。

 

 

10年前、一条楽は一人の少女と出会う。短い時間だったが、2人の間には幼いながらも愛情が芽生えていた。そして少女との別れの時、彼女は「ザクシャ イン ラブ Zawsze in love」(愛を永遠に)の言葉と共に楽にを渡し、「いつか私達が大きくなって再会したらこの『鍵』でその中の物を取り出すから、そしたら――結婚しよう」と約束する。

錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。最悪な出会いの後、親のいいつけで「千棘と3年間、偽の恋人同士になってもらう」ことになり、驚愕する楽。こうして2人の「ニセコイ」生活が始まった。(Wikipediaより抜粋)

 

はい、こういう話です。週刊少年ジャンプで連載していたラブコメ作品です。連載期間は4年以上、単行本全25巻は今までのジャンプのラブコメ作品で最長です。「いちご100%」や「ToLoveる」などの有名どころよりも長いとはすごいですね。

 

で、そのニセコイの主人公がこちら

 

 

「ニセコイ 楽 屑」の画像検索結果

 

え?画像の選出がおかしいって?何のことやら(すっとぼけ)

 

彼がなぜ泣いているかを読んだことのない方に説明しておきましょう。だからです(後で説明します)。

 

次に、あらすじにもあるヒロインの桐崎千棘さんがこちら

 

 

f:id:chachaponta0601:20170104022035j:plain

 

 

すみません間違えました。

 

f:id:chachaponta0601:20170104022126j:plain

 

はいこの子ですね。金髪ロングで赤いリボンがトレードマーク、成績優秀で運動神経も抜群のスーパー美少女です。あと視力10.0です(謎設定)

 

 

一応メディアなどでは千棘がメインヒロインとされることが多いのですが、ニセコイには「四大ヒロイン」というものが存在しまして、千棘のほかにあと3人メインとなるヒロインがいます。簡単に紹介します。

 

まずはこちら、鶫誠士郎。

 

f:id:chachaponta0601:20170104022306j:plain

 

凛とした表情ですが割とすぐデレます。名前が男みたいなのは小さいころに拾われ、拾い主が男と勘違いして名前を付けたからです。あほみたいですね。

 

続いてはこちら、橘万里花。通称マリー。

 

f:id:chachaponta0601:20170104022400j:plain

 

ヒロインの中で最も楽への思いをストレートにあらわにしており、積極的にアピールする様が人気のマリー。あ、最初に書き忘れましたがニセコイに出てくる女の子は大体楽を好きです(!?)

 

 

では、最後のヒロインを紹介しましょう。私のTwitter ID(@Onderasan_Love)のもとにもなった 小野寺小咲ちゃんです!!

 

 

f:id:chachaponta0601:20170104022435j:plain

 

f:id:chachaponta0601:20170104022502j:plain

 

f:id:chachaponta0601:20170104022658j:plain

 

小野寺さんマジ天使!!!!

 

失礼、取り乱しました。

 

アシンメトリーな髪形が特徴の小野寺さん。成績は平凡で運動神経も普通、実家も小さな和菓子屋と普通を絵にかいたような女の子です。ですが彼女には他のヒロインと一線を画す特徴があります。

 

 

そもそも楽と両想いということです

 

 

正確には中学時代からずっと両思いであり、そのお互いの気持ちは高校に入っても変わらず。というかそもそも楽と同じ高校に入るために進路を変えたほど。結構行動力があります。

 

ニセコイの結末としてはあらすじにあった約束の女の子が誰かということと、最終的に楽が誰とくっつくかということですね。そこへ向けて物語は進んでいきました。

 

っていうか、連載開始時からずっと楽も小野寺さんのことを好きなわけです。圧倒的両想いです。どう考えても小野寺さんとくっつく以外ないですね。はい...

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、本題に入ります。

小野寺さんは何故かわいいのかについてたっぷりと語りたいと思います。割とここからはある程度読んだことある人向けです。

 

 

理由その1:性格が天使

 

まあ全国2000万の小野寺派の中で性格が好きじゃない人はいないでしょうね。そのくらい小野寺さんといえばあまりにも天使なことで有名です。左門くんはサモナー」のてっしーをも凌駕しますね。

 

f:id:chachaponta0601:20170305001145j:plain

初登場が楽のケガに絆創膏を貼るシーンですからね。そこからして既に違います。

 

あと結構天然なところがありまして、第7話「手作り」 では楽の口元についた卵をさらっと手で取ってあげるという行為を素で行ってました。天使かよ。ちなみにこのあと気づいて赤面する小野寺さんの破壊力は言わずとも分かるでしょう。

 

 

 

理由その2:多彩な表情

 

f:id:chachaponta0601:20170131122854g:plain

f:id:chachaponta0601:20170131122924j:plain

f:id:chachaponta0601:20170131123130j:plain

 very cute

 

小野寺さんというか特に初期のニセコイでよく言われていたことですが、顔芸が非常に多いです。特に赤面ですね。その赤面度は他誌のハ○テのごとく!!の中で語られていたほど。

 

小野寺さんも例に漏れず多彩な表情を見せてくれます。特に有名なのが鏡の前で髪型を直すシーンですね。

アニメ化もされた大変人気なシーンです。

f:id:chachaponta0601:20170305001245j:plain

 

はい天使!

 

 

勘違いしている人が多いのですが、小野寺さんは「不憫萌え」を体現してるわけではありません。確かに話の展開上不憫になることは多いのですが、そこに萌えを見出すようでは真のコサキニストとは言えないでしょう。かわいそうだろが

 

f:id:chachaponta0601:20170131123052j:plain

不憫な表情もかわいいけどね!

 

 

理由その3:小悪魔的要素

 

初の小野寺さん単独長編(といっても前後編だけだけど)である ハタラク/タイフウ。その最後に小野寺さんが見せた表情をご存知ですか。

 

楽とメールアドレスを交換し、別れる間際。彼女はこうメールを打ちました。

 

f:id:chachaponta0601:20170305001432j:plain

 

 

 

「中学の時に一条君の事好きだった女の子っていうのはね…。

 

 

私の事だよ。」

 

 

 

中学の時楽を好きだった女の子を1人知ってる… とはぐらかしておいて、メールアドレスの交換をした後にこの文面と妖艶な表情ですよ。

 

確信犯だろ(誉め言葉) ちなみに結局文面は送らず…

 

そしてニセコイ第1期後期opの「STEP」にこういう歌詞があります。

 

 

 今日もメールを 綴ってはまた 

空白で塗り替えて 千切ってしまうの

 

 

明らかに小野寺さんのことを歌っています。つまりSTEPは小野寺さんの歌だというわけです。少し切ない歌詞が心にきますね。この曲ニセコイ抜きにしてもほんと名曲なので聴いたことない人は是非聴いてみてください。

 

 

 

f:id:chachaponta0601:20170429094445g:image

こういうこと素で言っちゃうからね。そら惚れるわ。

 

 

 

ちなみにのちの話でも同じような展開がありまして

f:id:chachaponta0601:20170429094602g:image

ああもう可愛いな!

 

 

 

他にも第3話で「何考えてたの…?」と楽に追及するときの表情だったり、海辺で二人っきりになったとたん「キスしてもいい?」とか言っちゃったり(キムチではない)、小野寺さんは天然小悪魔なのです。天然ですよ、天然。

 

 

理由その4:むっつりスケベ

 

小野寺さんはむっつりスケベです(唐突)。まああまり読んだことのない人は小野寺さん=大人しい、清純派 くらいのイメージしか持っていないでしょう。ところがどっこいそうでもないんですよね。いや正確にはそうなんだけどほかの要素も持ち合わせていると言いましょうか。

 

そもそも付き合ってるわけでもない異性と海辺で2人きりになった途端「キスしてもいい?」とか聞いちゃうんですよ?本人は自覚してなくても深層意識がそうさせちゃうんですね。おいそこキムチがどうとか言うな

 

あと楽と2人で旅館のバイトをした話。気づかず混浴に入ってしまったのに

 

「一条君なら...いいよ?」

 

とか言っちゃってます。うーむ、素晴らしい。(画像割愛)

 

他にもいろんな話で垣間見えてるので気になる人は単行本買いましょう(ダイマ)

 

 

 

理由その5:意外な行動力

小野寺さんアンチはしばしばこう言うんですよ。小野寺みたいなうじうじしたやつはうざい!千棘たんぐうかわ!とね。

 

いやいや何をおっしゃる?って感じですね。

 

小野寺さんは行動を起こしているのに神の見えざる手(アダムスミスではない)によって邪魔されているんだぞ?

 

単行本3巻の時点で告白してるんだぞ?

5巻ではキスしてもいい?とか言ったんだぞ?

8巻では特別な義理チョコをあげたんだぞ?

 

その全てが神(作者)の介入によって失敗しているのです。それさえなければ連載開始1年も経たないうちにニセコイ、完!でした。

 

 

 

恐らくニセコイで一番有名なシーンがこれです

f:id:chachaponta0601:20170502104002j:image

いったあああああああああああ

 

 

は?

 

 

この後の展開はご存知の通りです。通称「キムチ事件」 。一週間ドキワクしながら続きを楽しみにしていた小野寺派を失望させました。というか小野寺派関係なくこれは酷い。

 

 

もっというとこの後から文化祭編までずっとひどいです。読んでて苦痛になるレベルでした。

 

 

何が言いたいかというと、つまり小野寺さんは結果的に成功していないだけで積極的に動いているのです。

 

健気ですね。哀れみすら感じますね

 

 

 

 

さてさて、小野寺さんの可愛さについてざっと語って来ました。しかし物語の結末として、小野寺さんは振られてしまいます。

 

何故?why?

 

中学の時から両想いだったのに。約束の女の子は小野寺さんだったのに。 何回もお互いに告白しようとしたのに(キャンセルされた)

 

ニセコイ最終回がジャンプ本誌に載った時の私の反応を貼っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

いやあ怒りが見て取れますねえ。

ちなみに一番最後のやつはRTで回ってきた集のセリフに対してです。

 

 

ついでにその数ヶ月後、コミックスの最終巻が発売された時の反応も見てみましょうか。

 

 

 

 

お分かりでしょうか。小野寺さんは本編でありえないところから逆転負けをした挙句、おまけの書き下ろしでどこの馬の骨とも分からん男と結婚させられているのです。

 

全国2000万の小野寺派もこれには怒り心頭ですよ。

 

勘違いしないで欲しいのですが、怒りの矛先は他のヒロインには向かっていません。作者と楽カスに向かっています。

 

最初に楽カスが何故泣いているのかと言いましたが、だいたい理由はお分かりでしょうか。あれはクライマックスで小野寺さんに告白された直後のシーンなんですね。

 

f:id:chachaponta0601:20170306135201p:image

f:id:chachaponta0601:20170306135224p:image

 

あまりにも切ない...

小野寺さんも「どうして一条くんが泣くの...?」と至極当然な疑問を呈しています。

 

でね、上のツイートにもありますが、楽カスが千棘を選んだ理由が意味不明なんですよね。1人じゃたどり着けない世界(笑)

 

あとマジカルパティシエについて触れていますが、私は本編の小野寺さん=マジパテの小咲ちゃんとは一切考えていないです。あくまでパラレルワールド、小野寺さんは小野寺さんでしかないのです。

 

 

 

話がニセコイへの愚痴方向に流れすぎたので軌道修正しましょうか。

今更結末についてとやかく言っても何も変わりませんしね。古味先生が表舞台に出てくるたびに愚痴りますけどね

 

 

 

ではここからは私のスマホにあるニセコイフォルダからお気に入りの画像たちをピックアップして、それぞれ語っていくことにしましょう。

 

まず1枚目はこれ!

f:id:chachaponta0601:20170307171052j:image

 

林間学校の夜、肝試しの前に楽と出会った時の小野寺さんです。

 

この自然体な感じが素晴らしいですね。体操着にジャージという女子高生らしい服装も可愛らしいです。この後置き去りダッシュされることも知らずに...

 

ちなみにこれはアニメのキャプ画像です。花は加工したわけではなくこういう演出でした。

 

 

 

続いてはこちら!

f:id:chachaponta0601:20170307171446j:image

ジャンプ本誌でセンターカラーを貰ったイラストです。

 

これに関しては説明不要でしょう。非の打ち所がありませんね。可愛い意外の言葉が見つかりません。

 

ちなみにこのセンターカラーページの裏は4コマ漫画になってまして、

f:id:chachaponta0601:20170307171737j:image

こういうコマがありました。ちなみに楽の夢です。小野寺さんはデフォルメされた表情も良いですね。

 

 

 

続いてはこちら!

f:id:chachaponta0601:20170309013931j:image

 好物の大学芋を眼前にして興奮を隠せない小野寺さんです。

 

普段は大人しい小野寺さんのお茶目な姿が見えて良いですね。

ちなみにこの回は体重が増えた(と勘違いした)小野寺さんが努力をする話です。

 

f:id:chachaponta0601:20170309014200j:image

f:id:chachaponta0601:20170309014225j:image

名シーンの宝庫。

 

 

 

ちなみに私はこの1枚目の絵が好きすぎてmiivearseに描いたことがあります。写真残ってました。

f:id:chachaponta0601:20170309014428j:image

割と高評価だった記憶。

 

 

ちなみに原作のおまけページにはこんな絵が。

f:id:chachaponta0601:20170309014529j:image

小野寺さんのひあわせは我らの幸せなのである。

 

 

 

お次はこちら!

 f:id:chachaponta0601:20170310055740j:image

2人で旅館のバイトをした帰り道の小野寺さん(と楽カス)です。

 

いやこれどう見ても付き合ってますよね。仲睦まじいカップルですよね。

 

初期の頃に言われてた最終的に千棘が勝つことの根拠として、「楽は小野寺さんの前では緊張してしまうけど千棘とは自然体でいられる。千棘他の方が相性がいい」というのがありました。

 

いやこれを見てそんなこと言えるか?って感じですね。今思えば。

 

 

このシーンだけじゃなくこの2人のラブラブっぷりが見て取れる場面は多々あります。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170418165706j:image

中3の受験が終わった直後のマフラーシェアとか

 

 f:id:chachaponta0601:20170429141043g:image

春ちゃんに「下の名前で呼べ」って促された後のやりとりとか

 

 

f:id:chachaponta0601:20170422231804j:image

初めての共同作業(和菓子作り)とかね。

 

 

どうみてもバカップルです本当にありがとうございました。

 

 

いやあ何回見てもお似合いですね。

小野寺さんは10年前も楽カスと両想い、その思い出は忘れていたものの中3の時にまたまた両想い、そこから高3までずっと両想いだったんですよ。

 

 

なのになぜ負ける????

 

 

この世の不条理を感じました。

 

まあもう怒りはTwitterでぶちまけましたが、基本的に作者の設定と表現がおかしいんですよ。

 

連載第1話から最終話直前までずーっと小野寺さんと楽カスはお互い大好きでしたからね。せめて小野寺さんが楽カスを好きだという設定がなければまだ納得のいく展開になっていたでしょう。

 

 

おっと話がまた愚痴方向に逸れました。軌道修正しましょう。

 

続いてはこちら!

 

 

f:id:chachaponta0601:20170429151146g:image

セリフもない、何気ない一コマの小野寺さんです。

 

小野寺さんといえばデフォルメもまた可愛いですね。おいそこモブ寺とかいうな

 

ちなみにこれは林間学校の写真を友達と見せ合っている場面です。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170429151341g:image

f:id:chachaponta0601:20170429151444j:image

f:id:chachaponta0601:20170429151541p:image

デフォルメされてもなおこの圧倒的可愛さ。

神に愛されていますね。神(作者)には嫌われてますけどね

 

 

 

 

 

 

 

さてさて

そろそろ記事も締めに入りましょう。

 

私の選ぶ最高の一枚を紹介します。こちら!

 

 

 

 

 

 

f:id:chachaponta0601:20170501172958j:image

 

 

 

 

 

これしかないですね。

 

 

第98話「オハヨウ」は小野寺さんの中学時代、高校受験の話です。

 

中3になって楽と同じクラスになった小野寺さん。朝の「おはよう」と放課後の「またね」という何気ない会話が幸せでした。

 

楽と同じ高校を受験するために猛勉強 を開始した小野寺さん。しかし後一歩及ばず落ちてしまいます。

 

 

 

 

f:id:chachaponta0601:20170502012100j:image

f:id:chachaponta0601:20170502012118j:image

勉強する小野寺さん(上) と、受験に失敗して落書きになった小野寺さん(下)。

 

 

 

 

冬の公園で1人落ち込んでいたところに楽が登場。上に貼ったマフラーシェアに繋がります。

 

一旦落ちてしまった小野寺さんも何とか補欠合格し、楽と同じ凡矢理高校に通うことに。

 

例によって電話による告白キャンセルで2人はカップルにはなりませんでしたが、小野寺さんは喜びを爆発させました。

f:id:chachaponta0601:20170502012724j:image

 

 

 

 

で、時は現在。

 

 

 

 

高校二年生になった今でも

 

私の恋は実らずにいるのだけど

 

変わらず続く幸せもまたーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

...おはよう 一条君!

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい話です。1話完結の話にも関わらず、19巻の小野寺さんクリスマス編に並ぶニセコイ史上最高の1話であることは間違いないでしょう。(小野寺さんクリスマス編も最高なので読んでみてね)

 

 

 

 

さてさて、とっても長くなりましたが皆さん読んでくれてありがとうございました。

小野寺さんの可愛さと尊さがお分かりいただけたでしょうか。

 

 

はっきり言ってまだまだ語り尽くせていないことがいっぱいあるのですが、そこは是非自分の目で読んでみてください。

 

 

 

 

ではまた!

f:id:chachaponta0601:20170502012943j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s.

マジカルパティシエ小咲ちゃん!!の作者である筒井大志先生が連載している「ぼくたちは勉強ができない」みんなで応援しましょう!