しがないリュウ使いのチラ裏

スマブラやその他の趣味についてだらだらと綴ります

オフレポ EVO2017!

行って参りましたEVO。3日目にスマforがあることが発表されてから即参加表明してラスベガスまで足を運んで来ました。

 

海外大会どころか海外に行くのが実質初めてだったので、正直準備が死ぬほど大変でした。先人たちが残してくれたレポートは神。

俺自身が今後初遠征する人に伝えたいと思ったことも最後に書こうと思います。

 

 

〜前日まで〜

 

参加申請したり航空券予約したりESTA申請したりその他必要なもの買ったりしながら1週間休む分授業にも真面目に出てました。

 

そうこうしているうちにトナメも発表され、俺はpool2で KOSSismoss、Ally、MVD、wrath、John numbersらと同じブロックに。

 

その辺のキャラを重点的に対策しようとしてました。ゲムヲはいなくて不可能だったけど。

 

あとpool1にはマックがいるって聞いて怯えてた。

 

 

〜遠征1日目〜

 

関空からサンフランシスコまで10時間、そこからラスベガスまで2時間のフライトを経て現地入り。インテリのチャート奴と海外経験者のリーマという頼もしいのかよく分からない2人と一緒でした(結果的には超助かった)。

 

飛行機の中ではブレワイの剣の試練やってました。ブレワイと睡眠のおかげで10時間あっという間。

 

取り敢えず現地に着いて思ったのは空港でかすぎ。荷物を受け取るターミナルを間違えて移動することになったのですがわざわざバスを使わないと行けず。そしてバスを待ってる間が暑すぎた(40℃)。

 

で、空港からホテルにタクシーで移動。ホテルが見えて瞬間感動しました。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170716164451j:image

あまりにもゴージャス

 

 

f:id:chachaponta0601:20170716164808j:image

ロビーはこんな感じ

 

 

ホテルで少し休んだあと近くにあるゲームバーっぽいとこでローカル大会に参加して来ました。

 

f:id:chachaponta0601:20170716164716j:image

f:id:chachaponta0601:20170716164737j:image

オシャレ

 

 

トナメの組み方が適当で何故か初戦KENさんとあたり負け。

 

敗者側で現地勢×4→チャート奴→あーす→vashの順に勝つもその次のJKに負けて終わり。ベスト8。

 

ベヨに負けたの悔しかった。この日のコンディションならしょうがないと自分に言い聞かせる。

 

JKの次に当たるはずだったキリハラさんがドロップアウトしていたため、JKに勝ってれば4位以上確定の賞金圏内でした。悔しす。

 

大会が終わったのが深夜2時ごろ。進行遅すぎてこれが海外かって感じ。

 

その後近くの安いスーパーに寄って食料を買い、午前5時ごろ就寝。疲れすぎた。

 

 

 

〜遠征2日目〜

 

正午くらいに起床。その後これ↓受け取りに行きました。

 

感動

 

 

その後俺はこの日のローカル大会も出ず、プールも行く気なかったので部屋で寝てました。

 

ローカル大会の配信見ながら寝落ちするという自宅となんら変わらないことを贅沢に。

 

思い返しても2日目何にもやってないですね。少しスマブラして深夜2時くらいに寝たはず。

 

 

 

〜遠征3日目〜

 

大会初日。

 

緊張か体内時計の狂いか知らないけど午前4時半くらいにもう目が覚めました。

 

俺だけじゃなかったみたいで早起きの民多数。

 

予選は午後8時からだったけど物販を見たかったから9時ごろには会場入り。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170716172236j:image

 

 会場めっちゃ広かったです。

 

 

そして目当てのCHAOSコンブースへ。

 

f:id:chachaponta0601:20170716172409j:image

f:id:chachaponta0601:20170716172414j:image

 

かっこよすぎ。

 

 



目当てのEvoコンを買えて満足。

 

ポスター売ってるブースが死ぬほどあって超欲しくなったけど値段的にぐっと我慢。少しだけ小物を購入。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170716175421j:image

あとこれ超欲しかったけどpre orderって書かれてていつ買えるか店員に聞いても言語の壁を感じて断念。ちょっと後悔。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170718231837j:image

civil warの時のイラスト集。何回見てもかっこいい。Dabuzほんと好き。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170719195736j:image

 次の日の写真だけど、会場にいたLocusと。Locus、EvoJapanに来たいって言ってました。

 

 

あとはコスプレイヤーと写真撮ったり。

 ギルティギアの梅喧っていうキャラクターらしいです。可愛すぎか。

 

 

バレてるぞ。

 

 

それとなんちゃん達が撮ってた春麗の人を見つけられなかったのが超心残り。

f:id:chachaponta0601:20170718233204p:image

せっかくなのでなんちゃんを切り抜いて保存。

 

 

ちなみにこの方、香港のストリートファイタープレイヤーであるヒューマンボムの彼女らしいです。可愛い。耳寄り情報:本人達のTwitterに写真いっぱいあったよ

 

 

そしてやっぱり眠くなったのでホテルに戻って仮眠。何とか起きて再び会場へ。

 

 

pool1

 

勝者側1回戦  シード

 

 

勝者側2回戦  XenT(ゼロサム)  ○○

 

最近苦手意識のあるゼロサム。両試合とも1スト取られて苦戦したけど相手の撃墜拒否があんまり上手くなくて勝ち。

 

 

勝者側3回戦  Saladin(リュウ/ロゼッタ)  ○○

 

リュウロゼッタも特に危なげなく勝ち。

 

 

勝者側4回戦  Pallas(マック)  ○○

 

リュウマックはマックが昇龍撃墜%になると同時にKOゲージが溜まるクソカード。KO当たらなくて勝ち。

 

 

ありがたいことにごきさんが配信してくれてました。ほんまに感謝。

 

 

 

この時点でpool1を勝者側抜けが確定して2日目に残留。subwayで晩御飯を済ませ早めに寝ました。

 

 

〜遠征4日目〜

 

前日より早く寝たとはいえまた午前5時に目が覚めました。体内時計の順応能力isゴミ。

 

ダラダラしつつちょっとフリーやって調整。初戦で当たるKOSSismossのためにトレモでゲッチを殴り、勝った場合に当たるAllyのことを考えてFILIPさんと対戦してました。

 

pool2の前半組が始まる頃に会場入りして応援の民に。日本勢が負けた報告が少しずつ増えてきて胃が痛くなった...

 

自分の試合が始まる直前は緊張がピークになったのでひたすら腕組みしながら会場を練り歩いました。

 

 

pool2

 

勝者側1回戦  KOSSismoss(ゲッチ)  ×○○

 

曰く「Norcalの英雄」らしいゲッチ。

 

もともとゲッチに苦手意識はなかったんだけど色んな人から「ゲッチは怖いね」「やつはまじで強い」といった言葉を貰って戦慄。

 

youtubeで調べたら5日くらい前にリュウをボコってる動画が出てきたことも俺の恐怖心に拍車をかけてました。

 

 

1試合目は動き固すぎて普通に負け。適当な回避やジャンプが多すぎて簡単に復帰阻止されて即死。

 

2試合目は空前ケツ当て→空Nカス当て→空上1段落とし小足昇龍でストック先行。

しかしその後すぐ追いつかれ後1回掴まれたら下投げ空上で負ける状況に。

 

なんとか弱1食らった後の読み合い勝って最後は小足ガードさせてからの後ろ回避読みダッシュ昇龍で勝ち。首の皮一枚繋がった。

 

3戦目は上弱ジャンプ昇龍でストック先行した後、上スマ読みセビ1→回避見てジャンプ空下で撃墜して勝利

 

コアコア波動拳した時は心臓止まりかけたけどなんとか2-1で勝って、当初からの目標であったvsAllyまで来て少し精神的に楽になりました。

 

 

 

配信奴。ほんまありがとう。てかホカホカ空下落ちすぎて笑う。

 

 

 


頭おかしいわこいつ。

 

 

 

勝利側2回戦  Ally(マリオ)  ×○○

 

対マリオははっきり言って自信があったので、今だから言えますがPGRtop10プレイヤーの中ではAllyが一番いけると思ってました。

 

日本にいる時からこんな感じででかいこと言ってたので何としても勝たねばと意気込んでいたわけです。

 

 

1戦目はお互い1ストック目を落とした状況でほぼ五分るも、そこから一気に火力稼がれて復帰阻止のポンプで負け。

ファイアボールもらって焦ってしまい、崖を掴めないフレームなのに昇龍拳して死亡。

 

2戦目もずっと5分で、リュウの空Nに当たって崖からずり落ちたAllyが自滅して勝ち。

空N→横スマが暴発したのがプレッシャーを与えたとか勝手に思ってます。

 

3戦目、1スト先行した後そこそこ火力稼いで、2回昇龍拳カス当たりしたりもしたけど、最後は空後当てて勝ち。I beat Ally!!

 

 

 

2と3戦目の間で少し揉めたのは、Allyが1戦目で勝ったすま村をもう一回選んでいいか?ってことでした。こっちの英語力不足で申し訳無かったこともあり快諾。

 

 

 

Ally倒してフォロワー20人も増えました!!

 

...このツイート英語でしてたらもっと増えたのかもしれない...発信は大事。

 

 

 

何はともあれ、当初の目標であった前年優勝者を倒すupsetを起こせたのはめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

これも今だから言えますがこの時点で次負けてもpool2抜けが確定してたので気が緩んでました。この腑抜けた気持ちが次の負けに繋がったと思ってます。

 

 

 

勝者側3回戦  Wrath(ソニック)  ×○×

 

勝てば勝者側のままround semi finalに繋がる試合。配信台でした。

 

MVDが来ると思ってたけど勝ち上がって来たのはWrath。個人的には猿よりソニックの方が良かったから有り難かった。

 

しかし1試合目は緊張もあって何もできず、ワンチャンメテオ狙うも外しバネ食らって即死。

 

コーチングでたけらさんに「Wrathは特別なこと何もやってないからちゃんとやれ」って怒られました(誇張)。

 

2試合目もダメージレース負けるも、何とか飛び込み小足通して昇龍拳で勝ち。これがたけら基準。

 

3試合目、これが今までのスマブラ人生で一番悔しい試合でした。

 

ダメージレースは2試合目と同じ感じで、確かお互い1ストリュウ140%ソニック40%みたいな状況だったと思います。

 

そんな状況で空前ケツ当てを通すことができたんですね。当てた時点でKOSSismoss戦でやった空上1段落としの連携で殺せるはずでした。読み合いになったかもしれないけど高さ的にいけた多分いけた。

 

しかし微妙に操作が遅れた+前慣性が乗り切らずソニックのバネ暴れが間に合ってしまいました。

 

そこで殺しきれなかったのは大きく、最後はライン詰めた後に歩きで変な読み合い仕掛けて普通にスピン食らって負け。悔しい。

 

 

動画貼りたいけどまだ動画化されてないのでされ次第貼ります。

 

 

 

その後しばらく頭抱えつつ日本勢の応援。してたらすぐ次の試合に呼ばれました。

 

 

round semi-final

 

 

敗者側1回戦  Locus(リュウ)  ××

 

ここで当たるかーって感じでした。

 

一応対リュウ用に別のキャラ練習してたりするのですが、さすがにLocusに出す気にはならず。

 

肝心の試合内容ですが、ぶっちゃけあんまり語ることないです。普通に負けた!

 

Locusは100%リュウミラーでも飛び込んで来ると思ってたので飛びを落とすために大j空前を多めに降ったのですが、全部引き空後で落とされました。お前それ別のキャラ相手にもやれよ!

 

1戦目そんな感じで2タテされて、2戦目はいい勝負するも最後は撃墜を狙った対地空下に逆に昇龍拳を合わされて負け。完敗

 

 

 

というわけでベスト48で終わりました。

 

 

 

大会前から目標はずっとベスト32だと言ってたので、後1勝出来てれば...という感じでめちゃくちゃ悔しいです。

 

 

個人的に対クラウドは結構自信があって、Wrathに勝ってれば次の相手がTweekだったのに...

 

とか

 

Locusに勝ってれば次の相手はJKでローカルのリベンジできたのに...

 

て感じで色々惜しくてめっちゃ歯がゆい思いをしてました。

 

 

その後は日本勢の応援。ZeRoらないの試合が面白すぎた。

 

ほんとはマネーマッチとかもしたかったしDXも見たかったけど、あまりにも疲労が溜まっててフラフラだったのでホテルに戻って飯も食わず寝ました。

 

 

 

〜遠征5日目〜

 

5日目、というよりもホテルに帰って寝てから夜10時ごろに起床。

 

しばらくオフレポ書いたりしてたけど部屋に人が増えてきて黒い話をし始めたので居づらくなって部屋を移動。

九州勢の部屋で唯一起きてたチャート奴と喋ってました。

 

朝まで喋ったり軽くスマブラした後、フードコートで朝食。ハンバーガーセット+魔剤がまじで染みた。

 

で、その後九州勢部屋でおまかせ3先マネーマッチとかしながら時間を潰して、スマforのtop8を見に行きました。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170719194911j:image

f:id:chachaponta0601:20170719195650j:image

 

会場かっこよすぎる。

 

 

top8、どの試合もめちゃくちゃ面白かったですね。

 

色々言われてますけどGFは超興奮しました。Salem超上手いし最後以外即死と復帰阻止をされないZeRoも意味わからん。

あとSalemのニヤケ顔好きです。

 

 

 動画じゃ分かりにくいけど会場も沸いてました。

 

 

観戦後は集合写真。

 

 

あとこんなことも。

 

 

なんかのじ○こさんからリプライ来てたけど彼が出ると優勝してしまうのでダメです(え

 

 

そして徹夜明け+蓄積した疲労で即死

 

自分で笑ってしまった。

 

 

 

あとはホテルに帰ってスト5の中継見てる最中に居ても立っても居られくなり再び会場に戻ってみたり。

 

f:id:chachaponta0601:20170720044008j:image

死ぬほど盛り上がってました

 

f:id:chachaponta0601:20170720085131j:image

スト5は全く分からんけど ときど選手めちゃくちゃかっこよかった

 

 

盛り上がりも賞金額もやっぱスト5は別格だなーって感じ。スマforもこうなってほしい。

 

 

 

〜遠征最終日〜

 

 早朝の飛行機に乗らなければいけなかったので、再び徹夜しようと決意。でも疲れてたのでアフターパーティーには行きませんでした。

 

軽くホテルで買い物した後、寝ないように椅子に座ってました。

しかしおそらく午前3時40分ごろに寝落ち。20分くらい意識不明に。

 

その後同じ時間にホテルから出るメンバーが揃うまで、隣の日本勢の部屋に来ていたVoiDとラスベガス最後のスマッシュ。

 

 

そして空港へ。午前7時20分ラスベガス出発。

 

 

飛行機の中ではずっと寝てて一瞬で日本に到着。寝落ちのぞいたら34時間くらい寝てなかったから当然ですね。人生で一番起きてました。

 

 

で、帰って最初の飯はまぜそば。うちの近くにある「まっこう」っていう店オススメです(宣伝)。

 

 

 

 

てなわけで、Evo日程の全てが終了しました。

 

感想を一言で言うならもちろん超楽しかった。会場でウロウロしてるだけで面白いです。

 

よく興味はあるけど海外に行くような実力じゃないから〜っていう意見を見ますが、自分のお金で行ってるんだから文句言われる筋合いなし。

もちろん大会で負けた時はめちゃくちゃ悔しいですが、楽しさの方がはるかにでかいです。楽しんだもん勝ち。

 

Evo2016の時は日程がかなりきつかったみたいですが、今回は人数が減ったこともあり余裕でした。特に不満はないので来年もまた来たい。

 

あとEvoは格ゲーが集まってる大会なので、他の格ゲーの知識もあればもっと面白かっただろうなーと思います。俺はスマfor以外全く分からないので勿体無かったかも。

 

できれば次はGenesis5みたいなスマブラオンリーの大会にも足を運んでみたいですね。クルーバトルとかみて盛り上がりたい。

 

 

 

 

最後に気になったこと等いくつか。

 

・ポケットwifi

高いけど1人で一台持って行って正解でした。ホテルの部屋にはwifiがあったので問題ないですが、会場で誰といる時でも自由に使えるのはやっぱり便利です。

 

 

・飯

事前に飯がまずいから日本食持ってけとは聞いてましたが、「海外まで来てカップ麺とかw別に1週間くらい向こうの飯堪能できるやろーw」とか考えて何も持って行きませんでした。

 

が、これは失敗でしたね。遠征最後の方めっちゃ米が恋しくなりました。あと同室の人が食ってたカレー麺の匂いの誘惑がたまらなかったり。

 

向こうの飯、フードコートで買ったやつ自体はめっちゃ美味かったですが、いかんせん高いので何かしら日本食オススメします。

俺は初日にスーパーで買ったカップケーキが最終日の晩飯になるような酷い食生活でした。

 

 

・現金

いります。というのも、今回CHAOSコンのブースが最初現金オンリーだったんですね(後半カード使用可になったらしい)。

 

100〜120ドルもするものを現金で買うのは結構キツかったです。特にお土産を頼まれてる場合は。

 

あとはグッズブースとかマネーマッチする場合に必要になるのである程度の現金は必要です。

 

俺は400ドル持って行きましたがもうちょっとあっても良かったです。

 

 

・上着

2日目までの会場は全くだったんですが、top8の会場は普通に寒かったです。いります。

 

 

・シャワー

初見殺し。濡れた後で助けを求めるのもはばかられたので初日は冷水浴びました。翌朝鼻血出てた(実話)。

 

 

WiiU

俺らの部屋は誰もWiiUを持って来ておらず、途中で皆スマブラ中毒が発症してました。部屋に1台は必要です。

ホテルのテレビは(気にならないレベルではあるけど)遅延あるので手分けしてモニターも持ってくるべきかもです(超荷物になるけど)。

 

 

・変圧器

 理屈はわからないけどとりあえず必要なし。

 

 

・ヘッドホン分配器

今回全ての台にヘッドホンが備え付けられてました。神。しかしローカルなどは全く音が聞こえない台があったので持っていくべきかと。ソニックのスピン音聞こえないの死ねる。

 

 

・食器類

 ヨーグルト買ったのにスプーンが手に入らず食えないという事態が発生したので先述の日本食と合わせて箸とスプーンくらいはあった方が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

こんなところですかね。他に気になることがあればまた聞いてください。

 

 

 

 

 

では締めに適当に写真を貼って終わりにするとします

 

 

f:id:chachaponta0601:20170720213234j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213255j:image 

f:id:chachaponta0601:20170720213323j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213401j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213433j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213508j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213549j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213618j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213641j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213722j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213750j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213822j:image

f:id:chachaponta0601:20170720213846j:image 

f:id:chachaponta0601:20170720213912j:image

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日談、というか、今回のオチ

 

 

 

 

Evo最高!

 

 

 

 

ダブルアーツをそこそこ語る!

 

諸☆注☆意

世の中にはニセコイと違ってダブルアーツファンは多いと思います。

変なこと書いても許してね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

前置きはざっくりと省略しまして

 

 

さてさて皆さん。ダブルアーツは好きですか?

 

かの有名な週刊少年ジャンプ史上最長連載記録を持つ急転直下ブコメであるニセコイの作者、古味直志先生(以下、コミィ)の前作にして初連載作品です。

 

この記事は基本的に知っている人向けに書きますが、知らない人のために軽くあらすじをご紹介。

 

 

 

未知の奇病「トロイ」が蔓延する世界で少女のエルレイン=フィガレット(エルー)は、自らもトロイに感染しつつ、感染者の毒を吸引する巡回僧(シスター)として患者に治療を施し続けていた。シスターの宿命として長くは生きられないことを冷静に受け止めつつ、トロイの無くなる世界を夢見ていたが、とある街タームでの治療の帰り、ついに彼女はトロイの発作を起こす。エルーが死を覚悟したその時、絵描きの少年キリ=ルチル(キリ)が偶然彼女の手を取ったことで、エルーの発作は収まる。

キリは、エルーに触れてもトロイに感染しないばかりか、エルーに触れている間は彼女の発作を止めることができるという特殊な体質を持っていた。シスター協会の指令を受けて、二人はキリの体質を解明するためにシスター協会本部へ向かうことになるが、シスター協会からその間は「一切手を離してはいけない」と言われる。 (pixiv百科事典より引用)

 

 

 

はいこういう話です。超王道ファンタジーですね。

 

f:id:chachaponta0601:20170626132046j:image

新連載時のジャンプ表紙。

 

分かります?このワクワク感。看板マンガになるオーラが半端ないでしょ?

 

実際にこのダブルアーツ、連載開始からなんと13話目という異例の速さで2回目の表紙&センターカラーを獲得します。

 

これがどのくらい凄いのかというと、初連載作品なのにあのバクマン。と同じ速度なのです。半端じゃない。

 

リアルタイムで読んでた人は皆大型新人が出てきた!とか思ったのではないでしょうか。なお第2作

 

今回はそんなダブルアーツを語っていくことにします。

 

 

 

-ダブルアーツは何故面白いのか-

 

 

理由その1  魅力的なキャラクター

 

コミィの最大の特徴であるキャラクターの魅力は初連載作品から大きく評価されるべきところでしょう。

 

 

まずは主人公のキリ=ルチル(キリ)とエルレイン=フィガレット(エルー)がこちら。

 

f:id:chachaponta0601:20170627131813j:image

f:id:chachaponta0601:20170627132045j:image

 

 ※ダブルアーツ資料が少なくて2次創作絵と白黒が増えます。ご了承を。

 

 

はい、金髪ツンツン頭のキリと青髪ヒロインのエルーですね。

 

本当は1人ずつ紹介したかったんですがキャラの特性上二人一組の画像しか見つかりませんでした。

 

 

 

f:id:chachaponta0601:20170627133721j:image

発作を起こして命の危機に陥ったエルーの手をキリが取ったところから物語が始まります。

 

 

ところでどうでもいいことなんですがこの絵は2次創作です。懸命な皆さんならこの構図にピンときたんじゃないですか?

 

 

 

 

f:id:chachaponta0601:20170627134208j:image

 

ニセコイ第42話「エンニチ」のラストの見開きだあああああ

 

 

はいすみません。話が逸れました。私としてはこの絵の作者に花丸をあげたい所存です。

 

 

 

何故かキリには生まれつき触れた相手の治癒能力を向上させる能力があり、これによりエルーのトロイによる発作を抑えます。

 

発作を抑えることができるのは触れている間だけなので、じゃあもうずっと手繋いでろよ!てな感じなわけですね。

 

 

そしてエルー。超正統派なヒロインです。

 

史上最年少でシスターとなり多くの人々を治療する彼女。自分が20歳まで生きられないと知りながらも悲しむ姿を見せたりはしません。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170627135235j:image

 

泣けるわ...

 

 

 

ちなみにエルー唯一の欠点は寝相が異常に悪いことです。後ろ髪が跳ねているのはセットではなく寝癖なのでした。

f:id:chachaponta0601:20170627233246j:image

 

こういうよく分からん設定を入れてくるのはコミィの癖ですね。

 

 

エルーの人気っぷりはかなりのもので、なんと第3回ニセコイ人気投票で10位にランクインするほど。

f:id:chachaponta0601:20170627150733j:image

 

 

しかも楽カスより上の順位ざまあ。ていうか主人公が11位って...

 

 

ニセコイ読者の中にもダブルアーツファンはたくさんいたということですね。ニセコイ人気投票については色々語りたいこともあるのでまた別の記事で。

 

 

 

そして次に紹介するのがキリの友人であるスイです。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170627151750j:image

f:id:chachaponta0601:20170627151819j:image

 

 

このスイ、超武闘派な女の子です。

 

ダブルアーツ世界には四つの民族が存在しており、その中でも武の民(ナギン)と呼ばれる人々は最も戦闘に長けています。

 

スイは特に純血の武の民(クリアナギン)。つまり超強いということです。自分に賞金をかけて、集まってきたあらゆるツワモノを返り討ちにするほど。より強いやつと戦いたい悟空みたいな奴です。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170627204436j:image

武器は鉄製のフープ。かっけえ。

 

 

 f:id:chachaponta0601:20170627205015j:image

 ファラン(後述)に負けた後。かわいい。

 

 

個人的にスイ、すげーいいキャラしてます。

 

 

 

最後はこの人、ファラン=デンゼル(ファラン)。

 

f:id:chachaponta0601:20170627213831j:image

 

前髪バッテンが特徴のイケメン。

 

 

物語中盤で登場し、キリたちに戦い方を教えてくれる師匠になってくれます。

 

"護衛"ではなくあくまで戦い方を教えるだけ。ファランは己に課した鉄のルールによって他人のために力を使うことが出来ません。

 

過去に何かあったようです。これ、伏線です。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170627214424j:image

 

初登場時にこんな怖い雰囲気を醸し出しておきながら

 

 

f:id:chachaponta0601:20170627214500j:image

 

子供っぽいというギャップも魅力の一つ。

 

 

 

あることがきっかけでスイから戦いを申し込まれるのですが

 

f:id:chachaponta0601:20170627214612j:image

 

一蹴。

 

作中でも1.2を争う強さを誇っています。ファランもやっぱり良いキャラしてますわ。

 

 

 

このように各キャラクターの個性がはっきりしており、魅力溢れるものになってますね。

 

そして顔の書き分けも出来ています。後半ハンコ絵になった第2作とは対照的です。

 

 

 

 

理由その2  ドキワクするシチュエーション

 

考えてもみてください。

 

かわいい女の子と24時間一緒にいるんですよ?

 

全国の少年たちの憧れのシチュエーションでしょ!少女たちがどう思うかは知らん

 

 

 

f:id:chachaponta0601:20170627221059j:image

 

 トイレもお風呂も手をつないだまま

 

 

冷静に考えてかなりきつい縛りですが、この状況で平静を保っていられるキリ凄い。健全な青少年たちの妄想たるや。流石コミィが小学生の時から温めてきた話です。

 

 

そういえば良い忘れてたんですが物語は基本的にエルーの視点で進んでいきます。

 

 

 f:id:chachaponta0601:20170627233413j:image

 

離れちゃダメだからってこんなことされた日にはエルーも惚れること必至よ。

 

 

 

理由その3  壮大なストーリー

 

ダブルアーツ、序盤から伏線を張りに貼りまくっています。人気が出たから出来ることでもありますが。

 

 

・キリの能力について

ファランの過去

・シスターを狙う集団「ガゼル」の目的とは

 

大きな伏線としてはこの辺ですね。他にもいっぱい細かい伏線や布石があるんですよ。

 

ONE PIECEHUNTER×HUNTER ばりに情報を散りばめています。並みの作者じゃなかなか回収できる量じゃない。

 

 

笑いあり、涙あり、ラブコメありの冒険にここまでの謎も含まれているのです。これは第2のONE PIECEになると思った人もたくさんいたことでしょう。

 

 

 ...

 

 

さてさて

 

 

そんなダブルアーツなんですが

 

 

まさかの打ち切り終了。しかも全23話。単行本全3巻。

 

 

ここまでべた褒めしてたのは一体何だったんだ!と言いたくなるような話ですが、事実です。

 

大量の伏線は全て放置。1ミリも回収されず。

 

はっきり言って畳み方だけ見ればクソの極みです。そもそも畳めてねえもん。

 

ここからはですね、逆に何故ダブルアーツは駄目だったのかについて語っていこうと思います。

 

 

 

-ダブルアーツは何が駄目だったのか-

 

 

大きく分けて2つの理由が存在します。

 

 

理由その1  展開の遅さ

 

まずは間違いなくこれです。

 

敵に居場所が見つかり、街を出るところまでは良いんですよ。その後がまずかった。いきなりどこの誰とも分からんシスターの話を始めますからね。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170628011705j:image

シスター・ハイネ

 

 

別に1話完結でちょっとほっこりする話を書くならシリアス展開の箸休めにいいと思うんですよ。ワンピのガイモン編みたいな感じで。

 

でもコミィは違いました。がっつり3話使ってしかもハイネの発作というクソ重いエピソードを書きやがりました。

 

どう考えてもここで挟むエピソードではなかったです。ちょっと人気出て油断したのか...

 

 

 

一応終わり方はきれいではあります。

f:id:chachaponta0601:20170628012353j:image

ハイネが2人をモチーフに絵を描こうとするところで終わり。正直どうでもいい(おい)

 

 

個人的にハイネ自体もあまり魅力あるキャラには思えませんでした。

 

 

こんな感じで後半すごく展開が遅いんですね。

 

構成力がないと言わざるを得ません。

 

 

そして次が一番の要因です。

 

 

 

理由その2  フレア

 

これです。これしかない。完全に戦犯。

 

フレアってなんぞや?という説明から入りましょう。

 

 

 この画像をご覧ください。

 f:id:chachaponta0601:20170628105749j:image

 

実はキリにはこんな力もあったのです。

 

 

 

f:id:chachaponta0601:20170628111043j:image

 

 どやあ

 

 

 

これ、はっきり言って無茶苦茶な設定じゃないですか?

 

 

キリたちは街を離れて遠くにあるシスター協会の本部に向かわなければならないのですが、極端な話1万人くらいで手繋いで走れば良くないですか?キリ自身と触れ合っていなくても人と人で繋がっていれば大丈夫なんですから。

 

作中でも「無から有を生み出せる永久機関にも似た恐ろしい力」「想像力豊かな悪人の手に渡ったら世界がやばい」と言及されています。

 

流石にコミィもその辺は分かっていたようです。主人公サイドの想像力が貧弱すぎたのが駄目だった。

 

しかもキリが「フレア」とか厨二っぽい名前をつけちゃってるのがまたね。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170628114647j:image

 完全に必殺技

 

 

もっとフレアをガンガン活かせばいいのに特に利用しないもんだから読者も困惑。

 

そらアンサイクロペディアで「常時手をフレアっている」とか馬鹿にされますわ。

 

 

そんなわけでダブルアーツと言えばフレアみたいなところがあります。設定が悪いというよりは、素材を活かしきれない作者の引き出しの貧困さが原因でしょう。

 

 コミィの短編集「恋の神様」に載っている読み切りはどれも面白いので、コミィは料理のレシピを作るのは得意です。調理がド下手なだけで。

 

 

 

 

さてさて、厳しいことも書きましたが私はダブルアーツ大好きです。

 

未だにダブルアーツの根強いファンが存在することは事実で、彼らの多くはまたコミィがファンタジーを書いてくれることを願っています。

 

またジャンプに戻ってくることを期待しましょう。第2作でファンを失ったとか言わない

 

 

では今回は適当に拾ったかわいいキリとエルーの画像を貼って締めたいと思います。

 

f:id:chachaponta0601:20170628125239j:image

f:id:chachaponta0601:20170628125252j:image

f:id:chachaponta0601:20170628125308j:image

f:id:chachaponta0601:20170628125331j:image

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s. キリの髪型って短くしたら楽カスになりそう

 

 

 

オフレポ カリスマ14

闘会議予選以来、3回目のカリスマ遠征してきました。

 

Edgeきよすくと共にSelciaカーに乗せていただいて当日入り。久しぶりに古森霧さんとフリーしてもらってテンション上がりました。マルス強すぎた。

 

 

以下予選結果

 

あーすさん(カムイ)               2-0勝ち

あこさん(ゼロサム)               0-2負け

げがんさん(ソニック)            2-0勝ち

ふうりんさん(カムイ)            2-0勝ち

ばけっちさん(ピット)            2-0勝ち

しゃろさん(ドクマリ)            2-1勝ち

タコマンさん(シーク)            2-1勝ち

もりごんさん(ゲッコウガ)     2-1勝ち

 

7勝1敗で1位抜け。ストックは間違いあるかも

 

あこさんに負けてしまうもあこさんが2敗して、あーすさんと俺が1敗同士でならんで直接対決の差で1位。

 

 

昼休みはあこさんとフリーしながら対ゼロサム考えてました。分からん!今後の課題です。

 

 

本戦

 

勝者側1回戦  シード

 

 

勝者側2回戦  ぱせりまんさん(ディディ―) ✕✕

 

トナメ表見た瞬間「うわー」ってなりました。対DD…

 

内容はずっと立ち回り負けててそのまま終わり。いいところ全くなし。

久しぶりに高速の敗者側へ…

 

 

敗者側1回戦  うめぼしさん(ロボット)  〇〇

 

相手の拒否が上手くてかなり苦戦するも、いつも通りの対ロボットやり通して勝ち。

 

 

敗者側2回戦  タケさん(ピカチュウ)  〇〇

 

立ち回りかなり負けてたけど上投げの2択?結構勝って昇龍拳でぶっ壊して勝ち。

 

 

敗者側3回戦  あーすさん(カムイ→ピット)  〇〇

 

1戦目は戦場でカムイ。1スト目は五分だったけど2スト目、戦場の真ん中の台上で読み合い仕掛けたら50%のカムイが死んだ(!)

 

2戦目は終点かすま村(どっちか忘れた)でピット。またもずっと五分状況だったけど最後はあーすさんが復帰ミスしてダッパーで崖下にいってしまいバースト。何とも言えない結果に…

 

 

敗者側4回戦  Edge君(ディディ―)  ✕✕

 

またディディ―しかもEdge君かよ~と思いつつ、前回のスマバトのリベンジに臨む。

 

が、見事に粉☆砕されて俺のカリスマは終わり。ぱせりまんさん戦と同じくずっと流れ取れないまま負けた感じ。

 

 

 というわけでベスト16で終了。

 

この規模だったら一桁順位に何としても入りたかったけど、レベル高かったからしょうがないと自分に言い聞かせながら泣いてました。

 

 

サブイベント ランダム固定トーナメント

 

1回戦 vs9Bさん(ロボット) 勝ち

 

使用キャラはパルテナ

 

パルテナに上投げバーストがあるとか完全に忘れてたけど外野(古森霧さん)のアドバイスで気づいてなんか知らんけど勝ち。

 

6/26追記  らないさんだったみたいです

 

2回戦  vsたいへいたさん(ロイ)  負け

 

使用キャラはマック。

 

終点固定のマック当たりキャラだったけど横スマにカウンター合わせられて死亡w

リュウの時よりテクニカルな動きしてるとか言われてて笑った。

 

 

サブイベントすげー楽しかったのでまたスマバトとかでもやってほしいです。

 

 

 

というわけで、結果には満足いかなかったけどカリスマ楽しかったです。

 

対ディディーゼロサムソニックあたりまだまだまだまだだということが分かったので可能な限り詰めていきます。

 

ではまた、次の記事で!

 

 

 

 

マジカルパティシエ小咲ちゃん!! を語る!

 

マジカルパティシエ小咲ちゃん!! は素晴らしい作品です(唐突)

 

元々はニセコイの単行本の巻末ページにおまけとして書かれていたものが、公式スピンオフとしてジャンプ+で連載開始しました。作者は筒井大志先生。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170610143858j:image

 

 

これがね、ただのスピンオフと思いきや1作品としてよくできてるんですよ。

 

 

今回はマジカルパティシエ小咲ちゃん!!(以下マジパテ)の面白さをニセコイと比較しながら紹介したいと思います。

 

 

 

-マジパテは何故面白いのか-

 

 

 

理由その1  キャラクターが可愛い

 

まずはもちろんこれです。スピンオフの絶対条件は当然ながら満たしています。

 

キャラクターの性格等は一部例外を除きニセコイ本編を踏襲しています。

そして作者の筒井大志先生の絵柄がそのキャラクターたちにとてもマッチしているのです。

 

主人公の小咲ちゃんは当然として、本編では暴力ヒロインと呼ばれたあの子やあの子も個性を残しつつマイルドな性格になっています。むしろ本編がおかしい

 

 

f:id:chachaponta0601:20170622090834j:image

 

2巻の表紙大好き

 

 

はっきり言って本編よりも真っ当なキャラクターになっているのです。そら可愛いわ。

 

 

 

 

理由その2  熱いストーリー

 

基本的にドタバタ系ですが、ラストバトルはかなり熱い展開です。

 

上記のキャラクター性を崩さないようにしつつしっかりバトルしています。

笑いあり涙あり感動ありです。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170622090928j:image

f:id:chachaponta0601:20170622090938j:image

 魔法少女たちの友情

 

 

ラストに向かうにつれて盛り下がっていった本家とは真逆ですね。戦犯九州編

 

 

 

 

理由その3  しっかりラブコメしている

 

ラブがコメっています(意味不明)。

 

私が特に好きなのが、小咲ちゃんがアルコールの入ったお菓子を食べて複数の人格に(物理的に)分裂する話です。

 

ニセコイ本編にもヒロインズがウイスキーボンボンを食べて酔っ払い暴走する話がありましたが、はっきり言ってマジパテのほうが上ですね。

 

本編ではヒロインズが皆キャラ崩壊して楽カスに迫るという展開でしたが、マジパテは違います。

 

小咲ちゃん自身はそのままで

 

f:id:chachaponta0601:20170622122138j:image

 

ちょいエロ小悪魔小咲ちゃん!!

ツンデレツインテ小咲ちゃん!!

メガネDEクーデレ小咲ちゃん!!

マジかよヤンデレ小咲ちゃん!!

 

 

に分裂します。

 

いやもうこの字面だけでなんとなく面白そうでしょ?

 

 

f:id:chachaponta0601:20170622122204j:image

 

分裂体が好き勝手に行動するので捕まえにいくのですが...

 

この話のオチがね...最高なんですよ。

 

最高にニヤリティが高いです。

気になる人は是非うちのオフへ(宣伝)。単行本3巻に収録です。

 

 

 

あと原作のようにしっかりバレンタインの話もありまして

f:id:chachaponta0601:20170622093303j:image

あくまで魔法少女として渡す小咲ちゃん。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170622093702j:image

f:id:chachaponta0601:20170622093347j:image

 

おや...?

これ、伏線です。

 

 

 

 

理由その4  絵が上手い

 

古味直志先生(以下、コミィ)もキャラクターを描くことに定評がありますが、筒井先生は全体的に上手いです。

 

そもそもコミィは体描くの下手すぎな癖に中途半端にサービスシーンを入れようとするのが無能の極みでした。

 

その点マジパテのサービスシーンは筒井先生の画力によって素晴らしいものになってます。

 

まあ俺はニセコイにエロは全くいらないと思っていたのでマジパテもその辺は微妙に思ってるんですが。

 

好きな人は好きなんでしょう(投げやり)。何故か特別な券も発行されています。

 

 

 

 

 

マジパテが面白い理由としては主にこんなところですかね。

 

しかし一番の理由を私はまだ書いていません。

 

それは

 

 

 

 

一条先輩がかっこいい

 

 

 

 

ということです。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170621123356j:image

 

誰だよこいつ

 

 

 

本編の主人公がカスだったのは今更言うまでもない事実ですが、一条先輩は違います。

 

品行方正

容姿端麗

財閥の息子

漢気もある

 

という最強スペックを誇っています。実際にモテモテ。

 

ヤクザと公務員の兼業(笑)とかいうわけの分からん道に進んだカスとは大違いですね。

 

一条先輩が人格者だからこそ、ラブコメ関係に説得力が生じています。まあそれでも作中でツグミャー(鶫)がコロっと惚れるのはチョロインすぎるとは思いますが。

 

 

 f:id:chachaponta0601:20170622091049j:image

 

イケメン

 

 

 

一方本編のカス↓

f:id:chachaponta0601:20170622091234p:image

 

雲泥の差。

 

 

一条先輩ならモテる理由も分かると、そう思わせるだけの描写はあります。

 

 

 

そしてそして、私がマジパテを評価する最大の理由

 

それは(ネタバレ注意)

 

 

 

 

めでたく小咲ちゃんと一条先輩が付き合うこと

 

 

 

 

です。

 

 

ここからがっつりネタバレ。

 

 

 f:id:chachaponta0601:20170622172813j:image

 f:id:chachaponta0601:20170622172825j:image

 

ラストバトルの途中で一条先輩はあることが理由で小咲ちゃんの正体に気がつきます。

 

魔法少女には正体がバレると姿が変えられる掟があるので

 

f:id:chachaponta0601:20170622092053j:image

 

小咲ちゃんはタニ寺さんになってしまいます。

 

 

ラスボスは強靭で小咲ちゃんの力がないと倒せない。そこで魔法の国の女王の元へ姿を戻してもらえないか頼みに行きます。

 

しかしそこで出された条件は「一条先輩から魔法の国及び魔法少女に関する一切の記憶を消去すること」

 

掟だから仕方のないことです。でもそれは一条先輩からマジカルパティシエ小咲ちゃんを好きになったという事実をも消去してしまいます。

 

 

とても辛い選択ですが...

 

 

f:id:chachaponta0601:20170622092030j:image

 

自分の使命を優先する小咲ちゃん

 

 

 

泣かせますね。

 

 

 

f:id:chachaponta0601:20170622093213j:image

 

そしてラスボスを倒し、小咲ちゃんたちは普通の女の子としての日々を過ごします。

 

 

一条先輩からマジカルパティシエ=小咲ちゃんという記憶は消えてしまいましたが、今度は小野寺小咲としてクッキーを渡す小咲ちゃん。

 

 f:id:chachaponta0601:20170622093430j:image

 

 

そして...

 

 

 

「この味は忘れたくても忘れられないな」 

f:id:chachaponta0601:20170622093627j:image

 

 

f:id:chachaponta0601:20170622093645j:image 

 

 

HAPPY END!!!!!!!!

 

 

 

誰1人不幸にならない(万里花は不満げでしたが)完璧な終わり方!

 

最高です。

 

最終回3話前で大逆転負けを貰った上に最終回登場コマ数2コマの小野寺さんとは違う!

 

 

しかもしかも、単行本で描かれたおまけが最高なんですよ。

 

 

f:id:chachaponta0601:20170622094029j:image

 

GOD

 

 

本編のおまけで小野寺さんが死体蹴りされたことは記憶に新しい事件ですが、マジパテでは当然我々の期待に応えてくれました。

 

最高のおまけページでした。頬も自然に緩むわ。

 

 

 

こんなべた褒めする要素満載のマジパテですが、たった一つ、どうしても見逃せない欠点があります。

 

 

 

ニセコイとマジパテは全く別の世界である

 

 

 

ということです。

 

 

そうそれはつまり小咲ちゃんが幸せになっても小野寺さんには何も関係ないということです。

 

マジパテの連載が始まった時、こう言っている人がいました。

 

 

 

小野寺はスピンオフで勝つんだから本編は千棘の勝ちだろ!

 

 

 

は????????????????

 

 

 

関係ないわボケェ!

 

というわけで、あくまで全く別の世界なので、本編の小野寺さんには全く関係ないということですね。小野寺さんは結局悲惨な最期を遂げます(死んでねえ)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

いかがだったでしょうか。

 

マジカルパティシエ小咲ちゃん!! 安心して読めるので是非御一読を。

 

では今回はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s

筒井大志先生が現在連載中の「ぼくたちは勉強ができない」みんなで応援しましょう!

 

 

 

オフレポ 第18回スマバト

やって参りました2ヶ月ぶりのスマバト。

 

我ながら最近かなり安定してるのでここらで自己新記録(ベスト8入り)を目標に臨んだわけです。

 

前日は勤労学生の鏡と化してたので、前々日の金曜に調整。ジャンさんやルーシアさん、たつきちさんのおかげで対ロゼメタマルスがまた一歩進んだ感じ。

 

 

以下予選結果

 

プレイヤー3さん(ゲッコウガ)       2-1勝ち

double A batteryさん(クラウド)     2-0勝ち

かでめわさん(カービィ)                 2-1勝ち

ライナスさん(アイク)                     2-0勝ち

おれさん(カービィ)                        2-0勝ち

ですもさん(ソニック)                    2-0勝ち

 

全勝で1位抜け。

 

初戦のプレイヤー3さん相手に崖側で小足昇龍決めたら勢い余って俺が死ぬというミスを犯すも、ギリギリ修正。

 

あとかでめわさんのカービィに超苦戦してほんまギリギリだった。強かった。でもそのおかげで直後のおれさんのカービィにはいい感じに動けた。

 

まあ何はともあれ予選は抜けたので一安心。身内や仲のいい人が何人か落ちてたからやはり予選は怖い。

 

 

 

勝者側1回戦  シード

 

 

勝者側2回戦  くさりかたびらさん(cf)  ○○

 

個人的にcf大嫌いなのでかなり不安だったが、1.2戦目ともにずっとペースを握ることが出来て勝ち。

 

こちらが常に復帰阻止で死ぬ可能性のあるカードなのでやはり怖い。

 

 

勝者側3回戦  ナゥさん(ピーチ)  ○○

 

1戦目、なんかゴリパンを連続で3回くらい噛みあわされて20%しか与えずに1スト落とすも、2スト連続60%のピーチを小足昇龍して逆転勝ち。

 

2戦目はずっとペース握れて勝ち。大会でピーチ絶対殺すマン。

 

 

勝者側4回戦  あとりえ君(ロゼッタ)  ○○

 

なんか知らんけどめっちゃいい感じに動けてた。最後は空N飛び込み未確認昇龍で勝ち。

 

ジャニキと対ロゼッタやってて良かった!

 

この時点でベスト12だったのであと一勝できれば自己ベストというところ。

 

 

勝者側5回戦  Edge君(ディディー)  ××

 

1戦目、2戦目ともにジリジリ離されて何も起こさず負け。

最後は戦場の真ん中の台上に乗るつもりで昇龍暴れをするもミスって一番下まで降りてしまった。もちろん死。

 

 

敗者側7回戦  あーすさん(カムイ)  ××

 

ボコボコにされました...

 

一生ペース握れずに横B刺されまくり。最後は着地狩り拒否の空ダセビが横B竜巻に化けてそのまま落下死。

 

 

 

というわけでまたベスト12で終わってしまいました。

 

表裏ともに少し前の平日大会のリベンジされた形になってるので、やっぱ最上位勢の対応力やばすぎです。

 

あと今回は一度も配信されなかったのが残念。まあ他にhypeなカードが多すぎるから仕方ないけど。

 

 

 

大会後、何故か今回リュウ使いがいっぱいいたので、急遽マリオ使いたちとクルーバトルをすることに。

 

メンバー(出場順)

 

リュウ

すま

ジャン

Aki

DIO

ちるちる

たけら

ちゃんしゅ

 

マリオ側

しゅーとん

スカーレット

FILIP

チャート奴

ランペル

たつつよ

ロン

 

先鋒は荒らしが得意な人ということで満場一致ですまさんvs人数不足で急遽呼ばれたしゅーとんさん。

 

このすまさん起用が大当たりして5スト削ってくれる獅子奮迅の活躍。横スマの後隙に昇龍仕込んでるところ全部当たっててワロタ。

 

その後はリュウ側皆2スト以上削ってくれて、リュウ側5ストvsロンさんに。ラスボス降臨の舞台は整っていた。

 

ちるさんが負けて、たけらvsロンの2スト同士の勝負。

 

最高にレベル高い試合だったけど最後は透かし上スマ決めてロンさんの勝ち。俺2ストvsロンさん1ストに。

 

1ストでも削られると精神的に追い込まれて負けるような気がしたので必ず削られずに勝つつもりで意気込んでました。

 

で、何とか削られずに勝つことができました。リュウ側2スト残しで勝利です。

 

結果的に最後美味しいところだけいただきました。かつてのWBC決勝のイチロー的な。

集まってくれた両チームに感謝。

 

 

 

そんなわけで、何やかんや気持ちよく終われたスマバトでありました。

 

EVOまで残り1ヶ月切って、それまでにある大会は残すところカリスマと平日大会だけかな?ウメブラは行けず。

 

後悔しないように出来る限り100%の仕上がりに近づけていきます。では今回はこの辺で!

 

オフレポ SUMABATO × CYCLOPS OSAKA #9

今回は忘れる前に書きます平日大会オフレポです。

 

 

勝者側1回戦  シード

 

 

勝者側2回戦  タツヤさん(フォックス)  ○×○

 

2戦目取られるも3戦目は丁寧さを心がけて勝ち。上弱昇龍で60%のフォックスが消し飛んだ。

 

 

勝者側3回戦  しぇあさん(ベヨネッタ)  ○○

 

相手のミスにも助けられてスマバト対戦会のリベンジ成功。

 

 

勝者側準決勝  あーすさん(カムイ→ピット→カムイ)  ×○○

 

1戦目は崖上がり灼熱を横スマで貫かれて負け。灼熱よわ...

 

3戦目の最後相手の上スマをセビで耐えて勝ち。あーすさん曰くピットと間違えたらしい。

 

 

勝者側決勝  HIKARU君(ドンキー)  ×○○

 

1戦目処られるも対応して2.3戦目取り返した。灼熱大事だ(テノヒラクル-

 

 

GF  HIKARU君(ドンキー→クラウド)  ○○

 

1本取って2戦目でライラット+クラウド出てくるも何事もなく勝ち。

 

 

 

というわけで平日大会2連覇、3回目の優勝です。

大会で初めてHIKARU君に勝ったのは素直に嬉しい。

 

最近妙に安定してるので次のスマバトあたりで落とし穴が待ってる気がしますが、スマバトでも上にいけるように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

オフレポ ヒロスマ6

さてさて去年の3月に行われたヒロスマ3以来、1年3ヶ月ぶりにヒロスマに遠征してきました。

 

9BOCEANらないあーすしぇあという超豪華な面々と共に車に。俺の場違い感すごい。

 

前日夜はLagnel宅近くのお好み焼き屋「楓」へ。とうがらし麺がめちゃめちゃ美味かったのでオススメです。

 

当日朝は設営の手伝い。初めて大会の準備のお手伝いをしましたが大会スタッフのありがたみが改めて分かりました。

 

 

以下予選結果  

 

f:id:chachaponta0601:20170604204937j:image

 

 

Alexさん(ロボ)                       1-2負け

パルメさん(サムス)                1-2負け

わつきさん(マルス)                 2-1勝ち

えんぴつさん(ディディー)      2-1勝ち

かろえぐさん(ピカチュウ)      2-0勝ち

てろりさん(ソニック)             2-0勝ち

しのひとさん(デデデ)             2-1勝ち 

まいこーさん(パルテナ)          2-0勝ち

 

6勝2敗

 

 

ありがたいことに第1シード貰ってましたが初っ端で2連敗してもう1位抜けは無理だなってほぼ諦めてました。

 

が、最終的に俺、かろえぐさん、わつきさん、パルメさんの4人が6勝2敗で並ぶ四つ巴が発生。

 

3人のうち2人に勝ってたのが俺とかろえぐさんで、直接対決の差で俺が1位抜け。なんというデスブロック。

 

ちなみに6勝2敗で4人が並ぶ裏で2勝が3人並ぶ事態も発生してました。修羅。

 

 

 

取り敢えずほっとしたのもつかの間、前日に「天下一品行こうぜ!」と誘ってくれたほにやニキに置いてかれました。泣いた。

 

なので昼休みは配信台でフリー三昧。主に九州勢が次々に対戦してくれて一瞬のモテモテ気分を味わいました。

配信で初のちゃんしゅドンキーを晒したけど処され。

 

 

 

以下本戦結果

 

 

勝者側1回戦  シード

 

 

勝者側2回戦  ジュニアさん(サムス)  ○○

 

苦手なサムスだけどいい感じに相手の動きを読めて2本連取。

 

 

勝者側3回戦  やっさんさん(ゼロサム)  ×○○

配信台

 

今回最も九死に一生を得た試合。

 

1戦目は途中まで五分るも復帰阻止のフリップメテオ貰って即死。

 

2戦目もフリップメテオで早期バーストされ。この時点で心が折れる寸前でした。見てる人々も俺が負けると思ったようで、我ながらよく捲った。

 

3戦目も後ろ投げフリップで早期バーストされるもすぐに追いつく。最後は相手の復帰ミスで終わり。実況が3DSでの操作精度を褒めた直後のフラグ回収。

 

 

マジでギリギリでした。対ゼロサムは今までライブ感だけで何とかなってたので、これを機にちゃんと対策立てようと思います。

 

 

勝者側4回戦  まっしゅうさん(クラウド)  ○○

 

クラウド自信ニキの本領発揮して追い詰められながらも二本連取。セビ溜めたとこに凶斬り貰ったら2段目より先に拳出てワロタ。

 

 

勝者側5回戦  きぃさん(ピーチ)  ○○

配信台

少し前の平日大会以来。

 

2戦目すま村で追い詰められるもその場上がり昇龍とかいう最強技で勝ち。一応台に乗るように撃ったので適当なブッパではないつもり。

 

 

勝者側準決勝  しゅーとんさん(オリマー)  ××

 Locusキーコンで臨んだ配信台

 

 

悔しい

 

 

あまりにも悔しい

 

 

2戦ともストック先行したもののそこからのバーストを急ぎすぎてらしくないブッパに頼ってしまいました。

 

そして先行されても焦らないしゅーとんさんが流石すぎました。完敗です。

 

 今までの大会の試合で一番悔しかったかもしれません。

 

forever Locus(意味不明)

 

 

 

敗者側9回戦  Lagnelさん(ベヨネッタ)  ○○

配信台

 

対ベヨは9Bさんとかなりやってるのでそれなりに自信はあるのですが、実は前日のオフでボッコボコにされてまして。

 

正直めっちゃ当たりたくなかったですが、何とかリュウの大会補正を信じて臨みました。

結果的にはかなりいい感じに動けてたと思います。

 

 

敗者側準決勝  9Bさん(ベヨネッタ)  ××

 

内容は普通に何事もなく負けって感じでしたが、それ以上に後悔したことがあってですね。

 

 

キーコン「4Kosaki」

 

 

 

ああああああああああああああああ

 

 

 

会場の空気に当てられました。黒歴史に新たなる1ページが刻まれてしまった。

 

 

 

 

というわけで、4位でフィニッシュしました。

 

自己評価ベスト12くらいだったので数字だけ見たら大健闘だとは思います。

 

が、やはり最上位の壁の高さをまた痛感したので悔しさの方が勝ってます。モチベ上がりまくりんぐ。

 

 

大会後のサブイベント 相方ランダムチームはしのひとさんとリュウデデデ。

 

初戦で9B/さ チームに負けて終わり。チーム勢の足を引っ張ってしまった...

 

その後はしのひとさんやすいのこさんとフリーしてました。対DDでやるべき行動結構見えてきたようなそうでもないような。

 

 

で、会場を出た後、行ってきましたよ。美の庵。

 

Lagnelさんおすすめ「もみじ豚のつけ汁うどん」食べました。うまかった!

 

晩御飯はこれで終わりかと思いきや、その直後に9Bさん一押しの 大丸というお好み焼き屋に行きました。

 

ここもめっちゃ美味しかったです。前日の楓とどっちが美味いかは超悩みどころ。

 

 

というわけで食べ物も満喫しました。次のヒロスマは8月にあるかも、ということみたいですが、正直食べ物目当てに行きたいです。

 

 

そんなわけで充実の遠征でした。次は6月18日のスマバト。300人ホールなので皆さんも参加しましょう!